%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%
相続した不動産
1490058_edited.png
​あなたのライフスタイルに合わせた不動産売却をご提案いたします。
住み替え
1490058_edited.png
離婚
1490058_edited.png
ローン滞納
1490058_edited.png
認知症
1490058_edited.png
相続した不動産の売却
相続した「空き家」や「空き地」がそのままになっていませんか?            
固定資産税、草刈り費用の負担が大きいですよね。            
台風が接近するたびに、空き家が大丈夫なのか心配になったり。            
相続した不動産は、まず何から手をつけたら良いかわからないものです。            
荷物の処分や名義変更にお金や労力を使ったものの、売却できなかったら損になることもあります。まず、不動産の価値を知ることからスタートしてください。その不動産にピッタリの活かし方をアドバイスします。            
住み替えのご相談
家は一生に一回の買い物と言われますが、本当にそうでしょうか?    
ライフスタイルの変化に合わせて住み替えていくことも選択肢です。    
住宅ローンが残っていても、住み替えは可能です。    
住み替えは、売却が先か、購入が先か、その手順がとても大事です。    
お客様の状況によってその手順は違います。    
離婚による物件売却
ローン滞納
長い人生、離婚を経験する方も増えています。
その時、共有名義にしているご自宅はどうしますか?
単独名義でも、住宅ローンの連帯保証人になっているケースも多いです。
人生のリスタートのために、早く問題を解決するお手伝いをします。
しっかりと計画を立てた住宅ローンですが、思いもしない状況の変化で、    
返済が難しくなることもあります。ローン支払いせずに放っておくと、競売になります。競売では、市場価格より安く売却されてしまいますので、その前に良い条件で売却しましょう。実際に売却できる価格より住宅ローンの金額が上回っている時は『任意売却』という方法もあります。    
色々と悩む前に、早めに相談してください。もちろん秘密は守ります。    
認知症のご家族が所有している不動産の売却
超高齢化社会になり、自宅を離れて施設で生活する高齢者も増えています。
自宅の売却代金を施設利用代金に充てる方も多いです。しかし、自宅の所有者が『認知症』であったら、不動産の売却は出来ません。その時は『後見人制度』を利用して売却することができますが、メリットとデメリットがあります。本当は、認知症になる前の準備が大事です。その辺もご相談ください。